劇場*491to31

不定期更新短歌ブログです。題詠blog参加などやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連作『Catharsis』

連綿と終わりつづけるものたちを葬るように注(つ)ぐ、白ワイン

抽斗(ひきだし)にいれゆく手紙 鴎にはなれずじまいの白を封じる

図鑑には載らなくなったいきものの息をしている角杯を持つ

角杯がペルシャの王の秘宝だと思い出してもどちらでもいい

葡萄酒がこぼれることをしりながらかたむけて夜を終わらせている

魔方陣とは言えないがここでしか生きられないだろう俺になる

息をすることをわすれていた草とともにみひらくふりをしてみた

俺だけの城のなかには草原と空があるほかには俺がいる

熱量をなにもたずさえない世界――夢ではこんな風もふかない

眠るにはまぶたにうかぶことたちがトランペットの金色(きん)ほどひかる

砂時計が落ち切るまでのひとつぶをひとつぶをひからせて息する

特別な魔法じゃないさ杯(さかずき)が手にゆれるまに夜は流れた

戻ろうとおもえば戻られる場所をひとつ持つ手に緑がにおう

デスクから声がしているインク瓶にはまだ夜がしずかにつまり







某企画様へ捧ぐ。

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/07/08(火) 22:35:55|
  2. 短歌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連作『at_labo 4』 | ホーム | 連作『at_labo 3』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyachiyolullaby.blog.fc2.com/tb.php/223-5ab8ef4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。