劇場*491to31

不定期更新短歌ブログです。題詠blog参加などやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫と銃の物語

大雨の自転車置き場の中をもう物語るように灰ねこがいる

宮崎が世界のMiyazakiとなりて絵に戻りゆく宮崎となる

台湾のカメラの黒き目がうつす世界の果てまで宮崎駿

“明日はまだラピュタの機械兵の手を指まで描きなおす予定”と

言い切ればもう町工場のおやじなり描ききらざる風にふかれて

『紅の豚』から変えるチャンネルにブエノスアイレスばかり騒がる

アメコミの銃の黒きが奪われて奪い返さるる絵を見ている

ロシアまたシリアアメリカ鮮やけく旗は群れ立つ捲れば空が

大雨が止みて灰ねこおらずなりここに時計はただはずすのみ

集約しジブリ映画を見て育つ半生がこのからだにて立つ





2013/09/07
スポンサーサイト
  1. 2013/09/07(土) 01:17:42|
  2. 短歌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<071:得意(風橋平) | ホーム | 070:柿(風橋平)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyachiyolullaby.blog.fc2.com/tb.php/183-cc6210fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。